10月の様子

 

 

10月は、次第に秋らしい心地の良い風が吹き始め、過ごしやすい毎日でした。

 

 

 

10日(土)には、うんどうかいが無事に開催されました。

 

当日朝起きると、雨の音…。「どうしよう、開催できないかもしれない」と

思った時間帯もありましたが、毎日練習を頑張っていた子ども達の姿を

神様は見守ってくださっていたのでしょう。

 

少しの時間天候が回復し、短縮プログラムではありましたが

うんどうかいを終えることができ、

神様に心から感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

 

うんどうかいが終わってからも、毎日たくさんの遊びが展開された各クラスです。

そんな時間や空間も、すべて神様がお与えくださりそしてお見守り下さって

過ごすことができているのだと日々感じています。

 

 

 

私たち弥生幼稚園では、各クラス毎日礼拝の時間を設けています。

子ども達は、その毎日の礼拝の時間を通して

神様から愛されていること、たくさんのお恵みがあることを感じながら

感謝する心や優しさ溢れる心を育みながら過ごしてくれています。

 

 

今月のやよいNewsでは、そんな『礼拝』にスポットを当てて

その様子を紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎日の礼拝】

 

各クラスでは、毎日必ず礼拝の時間を設けています。

 

毎月の讃美歌を歌ったり、聖書のお言葉をみんなでこころを合わせて言ったり。

 

 

 

みんなで手と手を組んで目をつぶり、神様にお祈りを捧げます。

 

「今日も楽しい時間をくださってありがとうございます」

「神様がとても素敵な天気をお与えくださったお陰で、外で元気に遊ぶことが出来ました」

「明日も素敵な一日を私たちにお与えください」

 

アーメン。

 

 

それぞれ、担任の先生が代表して神様にお祈りをします。

 

そのお祈りの言葉を聞いて、子どもたちも神様に

“ありがとう”の気持ちを持つことが出来ています。

 

 

 

 

 

そのあとは聖書のお話の時間です。

 

絵本や紙芝居で聖話をするときもあれば、

お人形やペープサート、様々な道具を使って話すときもあれば。

 

時には、道具をなにも使用せず、素話で聖書のお話をするときもあります。

 

絵や道具がないと、子どもたちが理解しにくいのでは?と

思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

素話を通して、耳でしっかりと話を聞く力や集中力、その聞いた話を

子どもたちそれぞれ頭の中で想像させながら理解していくことで、

想像力を養うこともできます。

 

 

 

この、毎日の礼拝を通して

子どもたちはいつも

“神様が近くで見守って下さっているんだ”と、

安心して毎日過ごすことができているのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

【日曜礼拝】

 

月に一回、日曜日に日曜礼拝が行われています。

 

日曜礼拝は、各クラスでの礼拝ではなく、弥生幼稚園のお友だちが

クラス関係なく集まって礼拝をすることができる時間です。

 

日曜礼拝でも、毎日の礼拝同様讃美歌を歌ったり

聖書のお話を聞いたりしています。

 

 

それに加えて、献金の時間があります。

毎回、子どもたちそれぞれが神様の為に

お捧げしたいなと思う気持ちの分だけ献金をします。

 

 

次はお祈り。

 

みんなぎゅっと目をつぶり、手と手を組んで

心をひとつに神様にお祈りをしていますね。

 

今回の礼拝では、神様にどんなお祈りをみんなでしたのでしょうか?

それは、ここにいるお友だちと先生、そして神様だけが知っていることですね♪

 

 

 

そして、最後にはちょこっと楽しい時間♪

司会の先生が考えてくれたゲームをみんなで楽しみます!

 

 

 

さあ、これで日曜礼拝はおしまい!

 

♪さーよーなーら あんころもち まーたーきーなーこっ ぽん!

 

 

 

 

 

大好きな先生やお友だち、そして神様と一緒に過ごす中で、

“礼拝”がだいすき! と言ってくれる子ども達。

きっと神様も喜んでいることでしょう。

 

 

また、幼稚園で神様のお恵みに感謝しながら

楽しい時間を過ごしましょうね!