2016年12月の様子

12月の様子
2017.01.17
 2016年も12月を残すのみとなりました。月日が経つのは本当に早いものですが、その分幼稚園の子どもたちは着実に成長しています。
クリスマス祝会を前に「ページェント(降誕劇)ごっこ」が各クラス大きい組さんを中心にとても盛んに行われています。その様子は、本当に楽しそうです。そして、見ていてとてもかわいいです。祝会後も「ページェントごっこ」はまだまだ続いています。子どもたちにとってページェントは、忘れられない体験で、一人ひとりの大切な思い出になっていることでしょう。

【父母の会講演会】
元ゆうゆうセンター長の緒方よしみ先生をお迎えして、「共に生きる~発達障がいを学ぶ~」と題して講演会を行いました。子どもは一人ひとり違いがあり、それらを特性として理解しながら、苦手な事や弱い部分もその子に合わせて援助していくことで大きく成長できることを学びました。これからも一人ひとりを大切にする保育につなげて行きたいと思います。

【クリスマス祝会】
12月8日(木)・9日(金)にクリスマス祝会を行いました。1日目は、すみれ組・ちゅうりっぷ組・ひまわり組で、2日目は、たんぽぽ組・ばら組・ゆり組がページェント(降誕劇)を披露しました。
小さい組さんにとっては初めてのクリスマス祝会で、緊張しながらも元気よく鈴を鳴らしながら歌ってくれました。練習の時からよく頑張ってくれました。
まん中組さんは、緑色のガウンに身を包み聖歌隊としてきれいな歌声を披露してくれました。大きい組さんの姿を見ながら、すでに自分がなりたい役は決まっているようです。
大きい組さんは、自信をもってそれぞれの役をしっかり演じてくれました。一人ひとりの成長を感じ、勇気と感動ともらいました。

【12月誕生日会】
保護者の方と共に神様によって大切な命が与えられ、日々成長させて下さっていることに感謝しながら誕生日のお祝いをしました。これからも神様に守られて、心も身体も成長することができるようにお祈りしています。

【終園式・サンタ登場】
2学期最後の終園式を行いました。無事に2学期を終えることができたことに感謝しつつ神様に礼拝をしました。その後、冬休みの過ごし方についてのお約束をみんなでしました。
終園式も終わりを迎えた頃、鈴の音と共にサンタクロースが現れました。サンタさんの登場にみんな大喜びでした。中には驚いて涙が出てしまった子もいましたが、それぞれサンタさんからプレゼントをもらい楽しいひと時となりました。「サンキュー」、「ありがとう」等、子どもたちはサンタさんに感謝の気持ちを伝え、ハイタッチして喜びを表していました。
最後に、子どもたちが家庭でお手伝いをしながら貯めた献金を世界の困っている子どもたちのために使ってもらうようにサンタさんにお渡しました。
「サンタさんからどんなプレゼントをもらったのかな」

【もちつき会】
終園式の翌日、「もちつき会」を開催しました。当日は、天候にも恵まれお父さんを中心に保護者の方々に集まって頂き、お餅をついてもらいました。子どもたちは、つきたてのお餅を小さくちぎってもらい、自分で丸めて醤油やきな粉をつけて食べました。「やわらかい」、「おいしい」と何個も口に運んでいました。お餅が無くなると「お餅まだ」とつき上がるのが待ちきれないほど、つきたてのお餅は美味しかったようです。
お父さんたちが一生懸命お餅をついて下さっているときには、子どもたちも手をたたきながら「がんばれ、がんばれ」と応援しました。お父さんの格好いい姿を見て、子どもたちは嬉しくて仕方がないようでした。
保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。